抜け毛とホルモンの関係

抜け毛とホルモンの関係

ホルモンバランスが悪くなった場合、見られる身体の変化として、抜け毛は代表的な例になります。
女性の命ともいわれている髪の毛がどんどんと抜けていってしまう。
これほどにショックなことはありませんね。
そもそも頭髪や体毛といったものを生やしたり、薄くしたりするのは、ホルモンの働きが関係しているとされているのです。

 

実際にホルモンバランスが崩れてしまいやすい女性の多くは、抜け毛に悩んでいることがほとんどなのです。
抜け毛になってしまう要因というのは、遺伝子による影響が非常に大きいとも言われていますね。
女性よりも男性の方が薄毛に関しては詳しいかもしれませんが、遺伝子の他にも、シャンプーの仕方やヘアケアの方法の違い。
他にも男性ホルモン分泌による影響も大きいと言われています。

 

男性ホルモンの代表的なものであるテストステロンの分泌量が、何かしらの影響で多くなってしまうと、頭髪が薄くなると言われています。
そればかりではなく、頭が薄くなる替わりに体毛が濃くなったり、筋肉質になっていくという現象が見られるようになります。
つまり、女性が男性化してしまうんですね。
このような弊害もホルモンバランスを崩すと起こることになるのです。