男性ホルモンがニキビを作っている?

男性ホルモンがニキビを作っている?

肌荒れになってしまう要因は、それぞれにありますが、その一つの要因となっているものに、ホルモンバランスの異常が挙げられます。
肌荒れについては、中高年以上の女性特有の悩みという感覚を持っている方もいらっしゃいますが、年代を問わず若い世代の女性の悩みでもあるのです。

 

中高年でも若い世代でも、美しく有りたいという女性にとって、肌荒れによる皮膚へのダメージや、ニキビが出来るといったようなことは、相当な悩みになることでしょう。
ニキビについては、思春期を越えてしまえば、そこまで症状に悩まされることは無いと思っている方も多いかもしれませんが、成人になってからも、生活習慣の乱れなどの影響によって、ホルモンバランスが崩れてしまうと、あっさりと出来てしまうことになるのです。

 

肌荒れが起き、毛穴に汚れが詰まってしまうことで、そこからバイキンが入って炎症を起こす。
赤く腫れて中心には芯があり、潰すと膿が出てくるのはそのためですね。
この汚れによって毛穴が詰まってしまうという現象には、男性ホルモンが一役買っているというのをご存知でしょうか。
皮脂をつまらせてしまう働きがあるため、女性ホルモンとのバランスが崩れてしまうと、肌が荒れ、ニキビが出来てしまうわけです。